母が選んだ2曲〜中小路さんちのグラノーラの軌跡〜

先日、母がラジオFMクマガヤに出て、今しがた、その録音を聞いた。

私が今こうしてあるのは、母の軌跡から生まれたものであり、その奇跡に涙を流さずにはいられなかった。

このラジオでは前半と後半に2回、ゲストスピーカーの選んだ曲が流れる。その2曲を中心に、私の母の物語を書き綴る。

1曲め「You Raise Me Up」

1曲目は「You Raise Me Up」。この曲を歌うケルティックウーマンはアイルランドの4人組。

この選曲は、母の人生を変えたカナダでの生活と深く関わっている。

カナダでの暮らし

母は大学卒業後、2年半勤めた会社を辞め、カナダに留学した。

たまたま先日、祖母の実家に泊まっている時、母が会社勤めの間、帰ってきて夜遅くまで電気をつけて勉強をしていたこと、丸の内でのランチを辞めて自分で作ったお弁当を持っていくまでしてお金を貯めていたことを祖母から聞いていた。

そんなふうに自分で掴んだカナダの切符は、母の人生を変えることになる切符だった。

時は、バブル崩壊直前の1989年。インターネットも勿論ない。

24歳の母は、エドモントンの空港で、ホストファミリーに迎えられる。

留学先のホストファミリーは、エドモントン郊外の一軒家で、お父さん、お母さん、10歳と4歳の子どもたちと暮らしていた。

暮らしは、今でいう’丁寧な暮らし’そのもので、週末にはホストマザーのRitaとファーマーズマーケットに行き、チキンスープは出汁を一羽の鶏から作り、ポリ袋は洗って何度も使っていた。

ホストファミリーは、テレビのない家で、夜になると、静かに音楽をかけ、子どもたちは本を読んだりおしゃべりをしていたという。

その時にかかっていた音楽に、アイルランド音楽が多かった。それはホストファザーのJohnはイギリスからの移民で、両親がアイルランドだったからだという。

その音楽を母はどんな気持ちで聞いていたのだろう。

24歳の母が1年間身を置いたRitaたちの暮らしは、母にどれだけの影響を与えたことだろうか。

その数年後に生まれる私達は、20年間、そんな母に育てられるのである。

Ritaのグラノーラとの出会い

それから28年の歳月が経ち、大学生になった娘(私)がカナダに留学する。

(この娘は図々しいので、自分のホストファミリーの如く母のホストファミリーを頼り、何度もエドモントンの家庭にお世話になる。そしてそれが、パラレルに動く別の物語の伏線となる)

母はバンクーバーに住む娘を訪ねた際に、エドモントンに立ち寄り、ホストファミリーとの時間を過ごした。今回は自分の家族抜き、自分ひとりでゆっくりと。

その時に巡り合ったのが、ホストマザーRitaの作るグラノーラである。現在の「中小路さんちにグラノーラ」の原点となるものだ。

母はRitaに教えてもらったグラノーラのレシピを日本に持ち帰り、試作を重ね、商品を作り、工房を借り、グラノーラ屋さんとしての事業をスタートさせた。

小さく、それでも食べた人に確実に喜んでもらえるものを。

顔の分かる生産者のものを作ること、自分が家族を持った時に子供に食べさせたいと思った、体によいものを作ること、自分自身が美味しいと思えるものを作ること。

そんな想いが詰まったグラノーラは、娘の私が太鼓判を押している。

視聴者からは「熊谷には埼玉銘菓にしたいくらい絶品グラノーラがありますよ。こんなに美味しいグラノーラ、食べたことがありません。中小路さんちのグラノーラ、最高です!」との言葉が寄せられた。娘は頷きながら、涙を流していた。

2曲め「You’ll never walk alone」

頑張ることを応援する応援歌

この曲は、母の応援歌だった。

母は去年まで3年ほど、東京オリンピックのホッケー女子日本代表「さくらJAPAN」の通訳マネージャーを務めていた。

母は大学時代にホッケーのキャプテンだった縁で、さくらJAPANの監督にオーストラリア人が招聘された時に、通訳兼チームマネジャーとしてこの役に着任した。

コロナ禍でオリンピックが延期になり、監督は退任して国に帰り、母もそのタイミングでチームを離れたが、この曲が母にとってはいつも一緒に頑張ってきたチームメンバーに向けた応援ソングだったそうだ。

「今は暗闇の中にいても、嵐の後には明るい空が出て、鳥が鳴く」という歌詞。

私は、いつもこうして応援されてきた。どんなに難しそうな目標にも決してNoと言わず、勝つことではなく、頑張ることを応援する母だった。

受験の時、私が模試でD判定をとっても、「あおいちゃん、東大が全てじゃないから。例え合格しなくても、それは神様が選ぶことだから。けれど、今こうしてあおいが頑張っていることは、いつか必ず生きるから、だから頑張ること自体が素晴らしいこと」と言われた。

頑張れば必ず夢が叶う。私が今、そう信じて道を突き進めるのは、母の心があったからだと思う。

東京オリンピックで戦った娘ほど歳の離れた彼女たちチームメンバーにも、母の想いが届いているのではないだろうか。

Connected Dots

その後に母の話は「Connected Dots」ということに続く。

スティーブ・ジョブズの有名なスピートは皆さまご存知のことだろう。

カナダでの生活、その後のホストファミリーとの繋がり、子供を育てる中で安全なものを子どもたちに食べさせたいと思ったこと、地域の人との繋がり、色んなものが繋がって、今のグラノーラになっている。

その時には考えたわけではないけれど、目の前のことを一生懸命やっていたことが振り返った時に繋がっている。まさに母の多様なキャリアもグラノーラもこうしたConnected Dotsの具現化されたものだ。

私も、母よりは短い人生だけど、確実にそう思う。その片鱗を見ながら、今、自分の道を作ろうとしている。

グラノーラの軌跡

今も私はグラノーラをつまむ。

このグラノーラは栗とピーカンナッツのグラノーラで、先日、祖母の家からの帰り道、同じ敷地に住むおばちゃんに挨拶に行ったら、おばちゃんが母から買ったグラノーラを私にお土産にくれた。なんとも数奇な運命をたどったグラノーラを食べながら、人生の面白さを感じている。

今年、母の父である祖父がなくなり、私は最愛の祖父を失った事で、立ち直れないのではないかと思うくらい、深い深い悲しみに包まれた。その中で、家族というもの、私の血に流れているものについて、考えさせられることが多かった。

今日の母の話は、まさに今の私の原点を作った軌跡の1つであり、奇跡だと思わずにはいられなかった。

今を楽しんで、前を向いて、一生懸命頑張ること。母から受け継いだ心そのままに、私らしく今日も生きたい。

※写真はジノリのお皿ジュリエッタとコーヒーグラノーラの試作。

オイルをココナッツオイルに変えたり、コーヒーの挽き方を変えたり、はちみつの量を変えたり何度も試作品が送られてきた。

娘は一応料理家なので厳しくクリティカルフィードバックと改善案を繰り返した結果、今は驚くほど美味しいものになっている。

仕事納め!

たまたま前の日に「出世葵」なる縁起の良いものをゲットし、これを食べて仕事納め。

転職して丸々1年、走り切りましたーーーーーーーー。

振り返ると書きたいことだらけですが、また文章が長いと言われそうなので、手短に。

パスタの人になりつつありますが、本業はひよっこコンサルタントなので、苦労が絶えなかったです(泣)

“仕事納め!” の続きを読む

Cucinare è una forma di amore verso le persone

15.12.2019 Concorso della lingua italiana FINAL

2019年イタリア語スピーチコンテスト。

‘料理’をテーマに、イタリアを含め世界中を旅して見つけたユニバーサルな愛の形を、自分なりに表現しました。

スピーチコンテストは人生で始めてで、
しかも皆さんのレベルが異常に高くて驚愕しましたが
緊張を楽しみ、私らしく出し切れた事が嬉しいです。

言語は、努力の積み重ねでしかありません。
才能などありません。

私自身、イタリア語は0から独学で勉強して、
地味な練習を本当にコツコツ積み重ねてきて、
ようやくここまで来ました。
裏を返せば、それだけ情熱があるという事かもしれません。

今回は、その努力と情熱が結晶したのだと思います。嬉しい。

でもまだまだです。本当にまだまだなのです。

今日は喜び、また頑張ります、、!!

応援してくれた方、ありがとうございました。

特に、添削してくれピエール、来てくれたじーじばーば、彼氏、おめでたい鯛飯をご馳走してくれた両親に感謝。

GRAZIE MILLE 😊

Nessuna descrizione della foto disponibile.
L'immagine può contenere: Aoi Nakakoji, con sorriso, in piedi

Cucinare è una forma di amore verso le persone

Avete un piatto che evoca in voi un ricordo particolare?

Per me, sono le polpette del giorno del festival sportivo a scuola. Quel giorno, feci cadere il testimone durante la staffetta e tornai a casa giù di morale. Mia madre mi preparò queste polpette dicendomi: “oggi hai fatto del tuo meglio” e furono ripiene d’amore. 

Mi viene in mente anche il cioccolato preparato a San Valentino per il ragazzo che mi piaceva quando avevo 10 anni. Mia madre mi aiutò a prepararlo e dopo averglielo consegnato, assaggiai un po’ di quello avanzato, che era dolce e ma un po’ amaro.

Anche la soba che ho mangiato con la mia famiglia quando sono tornata da Canada dove ho studiato per un anno. Il suo sapore tipico giapponese bastò per farmi risentire a casa e nuovamente in famiglia.

Voi avete piatti memorabili?

Vorrei parlare di questi piatti importanti per ognuno e riuscire a trasmettervi una sorta di amore universale  in base alla mia esperienza di viaggiare 50 paesi. 

Nei viaggi ho visitato paesaggi meravigliosi e città ricche di storia e arte. Ma la cosa che più mi attira è la cucina casalinga, piena di racconti di persone.

Durante il mio soggiorno in Kenya, sono stata a casa di un’ amica, la aiutai nella preparazione del pranzo e mi resi conto che il cibo preparato era tre volte più del necessario e solo dopo fu chiaro il perché: i bambini, i parenti e tutti i vicini vennero a mangiare.

Il piatto a base di riso chiamato pilau che preparammo in due grosse pentole scomparve in un momento.

La mia amica non era ricca ma mi spiegò che era naturale aiutarsi reciprocamente e che il suo saper cucinare era un regalo da condividere con le persone attorno a lei.

Grazie a questa mamma, tutti i bambini giocavano pieni di energie.

Mentre quando sono stata da una mia amica in Italia, la mamma pugliese mi ha insegnato a fare le orecchiette. Intanto mi parlò di suo figlio che studia all’estero, quando torna a casa, alla domanda cosa vuoi mangiare, la risposta è sempre: “il pomodoro di mamma” Mi fece riconoscere che anche mia madre fa lo stesso per noi, cucina ogni giorno con il cuore. 

“Ecco, il pranzo è pronto!” Tutti vennero a tavola e fu servito un primo piatto: la pasta freschissima condita con il semplicissimo sugo di pomodoro. Meraviglioso! Suo marito e suo figlio bevvero tutto il sugo. Allora  mi fece capire che il pomodoro di mamma era il più buono del mondo.

Settimana scorsa invece, ho preparato la cena per il compleanno di mio padre. 

Ho fatto i ravioli impastando e stampando con tutto il mio cuore. Ho fatto anche la parmigiana di melanzane alla quale bisogna dedicare molto tempo per prepararla. Spesso non seguo la ricetta alla lettera, ma in quel caso lo feci. Perche’? Perche’ c’e’ amore verso mio padre e la mia famiglia.

In conclusione, quello che vorrei dire è che cucinare è un modo di amare.

Oggi potremmo mangiare cibi buoni, facili ed economici senza cucinare.

Il numero delle catene di fast food è in aumento, la varietà di cibi surgelati e precotti al supermercato è sorprendente e se ordine online,  in 20 minuti sono in grado di consegnare piatti. 

Ma cuciniamo. Cuciniamo perché cucinare è amore, perché siamo esseri umani e perché viviamo.

〜巧より強たれ〜『変わらないもの』

祝・日本一

弟の最後の試合、全日本優勝、おめでとう。

全てを見ているわけではないけれど、
私の知らない多くの挫折があったと思います。
熱量高く取り組むほど、傷つく事も、失望も増えた事でしょう。

けれど、4年間、自分の弱さに色んな形で向き合った事、
そして、不器用に、けれど愚直に努力してきた事。

そうした痛いくらいまっすぐに、弱い自分に向き合う強さは、
わっくんのかけがえのない強みで、何度わたしを勇気付けた事でしょう。

「当たり前を積み重ねると特別になる」

尊敬する先輩が残した言葉を真摯に信じ、積み重ね、
そして、今日、日本一という特別を手にした事、
心から尊敬し、誇りに思います。

’夢じゃない 夢じゃない 涙の足跡
嘘じゃない 嘘じゃない 泥だらけの笑顔
夢じゃない 夢じゃない 肩を組んで叫びたい’

トロフィーを持ち上げる時に流れていた曲。

日本一は夢じゃないよ、嘘じゃないよ。
色んな涙と努力があって、それで今、こうして泥だらけの笑顔があるんだ。
と思って、ほろっと涙が出ました。

次は人生の第二ステージですね。

徹底的な努力で結果を出すことは姉から学んだと言いますが、
第二ステージは、前途多難です。
1本道ではなく、一斉スタートでもないからです。
使命を見つける事、つまり、可能性に溢れている世の中で自分の生き様を探す事から始まるからです。

けれど、今日の一日、もっというとこの4年間が原点だと思います。
私も改めて原点に戻り、勇気付けられました。

挫折からしか得られない成長があること、
言い訳を見つけるより、自分の弱さと向き合うこと、
何より、まっすぐに頑張る事は、やっぱり美しいこと。

今日は、おめでとう。
これからもお互い頑張りましょうね。

あおい

L'immagine può contenere: una o più persone

https://wlax-redbats.com/blog/detail/id/15775

「小さなことを1つ1つ積み重ねることが、とんでもないところへ行く、ただ、1つの道。」

2004年、メジャーリーグのシーズン最多安打記録を塗り替えた際に、
イチロー選手が語った言葉。

当時小学生だった私はこの言葉を何一つ疑うことなく信じ、
その後の人生でも常に胸の中にあった。

文字通りラクロスに懸けた、4年間。

熱量高く取り組むほどに、自分への期待は増し、失望も増える。

多くの挫折があった。でも、

大変幸運なことに、素晴らしい出会いに恵まれた。

偉大な先輩たち、コーチ陣、同期、後輩。

「この人たちの力になりたい。」

本気でそう思える人たちとの出会いは、自分と向き合い、自分を変える勇気をくれた。

これほど自分の中で変化が起きた4年間はない。

同時にこれほど成長できた4年間はない。

そういった変化の中でも、自分の中で、変わらないもの。貫いたもの。

それは、“積み重ねる”ということ。

“とんでもないところ”に行けたかは、わからない。

ただ、不器用に積み重ねてきたものは、私にとって、“特別”になっていった。

何万、何十万と積み重ねたシュート練習は、

1つの、“特別”なゴールを生んだ。

共に本気の日々を積み重ねたチームメイトは、

私にとってかけがえのない、“特別“な仲間となった。

そんな仲間と手にした勝利は、

生涯忘れることのない、“特別”な記憶になっている。

そんな“特別”にあふれた私の4年間は、最高の青春で、財産だ。

そんな環境を与えてくれた家族には深く感謝しています。ありがとう。

この“特別”な仲間たち全員と共に戦い、

そこで沸き起こる“特別”な感動、興奮を、全員で共有したい。

これこそが、今の私の心からの願いだ。

明後日は、関東FINAL。

このチームにとっての、

“特別”な日にしよう。

L'immagine può contenere: 29 persone, tra cui Yuuki Kamo, persone che sorridono