仕事納め!

たまたま前の日に「出世葵」なる縁起の良いものをゲットし、これを食べて仕事納め。

転職して丸々1年、走り切りましたーーーーーーーー。

振り返ると書きたいことだらけですが、また文章が長いと言われそうなので、手短に。

パスタの人になりつつありますが、本業はひよっこコンサルタントなので、苦労が絶えなかったです(泣)

もっと苦労が絶えなかったのは部長だと思います。

「俺の首が何個あっても足りない」と何度嘆かせてしまったことか。。

「俺の今年の目標は中小路さんを社会人にすること」とプリンシパルである部長がスーパー忙しいのに、議事録の書き方や仕事の段取りや社内規定から直々にご指導下さり、
「才能は溢れているんだけどな、その有り余る才能を生かすには引き出しが足りない」
「頭と足は早いのだけど、手が遅い」
と、愛と鞭を持って指導してくれました。

ノックルームを作っては、優秀な先輩が2人も付いてくれて、Excel、PPTの使い方から、最後は提案書やキックオフ資料を作るところまで、毎週ノックしてくれました。

直属の上司には、ミスをしたら「ボール磨きは大切です」と言われ、
作業を減らそうとすると「大谷翔平になるには走り込みが必要」と言われました。

思い出すときりがないですが、自分に足りない社会人力を伸ばそうとしてくれる部長や上司・先輩に本当に恵まれた1年でした。

さて、仕事の中身はというと、これがまた色んな意味で面白くなってきました。
(仕事の性質上、あまりオープンに出来ないので、やや抽象的ですがご了承を。。)

もちろん業界も案件内容もバラバラですが、私は「食」「ヨーロッパ」のフラグが立っている(実際、知識も経験も人脈もアドバンテージがあったりした)ので、後半はそういう案件に多く携わって、奮闘しています。

最近はもっぱら、日本産酒類の海外ブランディングに忙しく、地方の老舗酒蔵さんに行ってはフランスのPR事業の戦略を練ったり、ワイナリーに行ってはロンドンと香港の販売戦略を立てたり、現地のパートナーを探したりしています。

と聞くと、出張してお酒飲む良い仕事に思えますが、実際地味な作業が9割5分です。

余談ながら、これは面白すぎるのですが、コロナで渡航イベントが中止になってスタックした所では、たまたまそこがイタリア進出を事業計画としていたので、上司と事業者に頼まれて、なぜか私がイタリア向けオンラインマスタークラスでMC兼通訳をやる事になり(www)、もはやコンサルタントの役務ではない感じなのですが、価値提供には変わりないからと背中を押され、なぜか黒子が表に出ることに。。 はあーー波乱万丈です。

もう少しコンサルっぽいのでいうと、フランスの部品メーカー買うMA案件とか、サスティナビリティ関連で某巨大食品メーカーの展開国のプラスチック包材調査とか、中国の健康食品市場のEC進出戦略とか、一応、粛々とやったりもしています。

そんなこんなで、出来ないことばかりで「失礼しました」が口癖になりそうですが、忘年会は幹事を任され、「1万点の企画!」「株式会社Aoiでオンライン忘年会を事業にしたら」と言われるくらい、変なところで頑張り、「永年幹事」の称号を手に入れたところで1年が終わりました。

この仕事は、向いているのか向いてないのか分かりません。

でも、品行方正で真面目で優秀な方々が集まる弊社では、良くも悪くも「かなり異質」な存在となってしまい、それを素敵と評価してくれる環境に心から感謝です。

そんな1年間で身を以て1番学んだことは「信頼」の重要性です。

お客様からも社内でも、この仕事は「信頼」がすべてだからです。
仕事の大小や役職に関わりなく、きちんとやり切れば信頼されます。逆も然りです。

プロフェッショナルとして信頼される事、中小路さんに頼んで助かったと、投資の価値を感じてもらえる事、この重要性に気付いたからこそ、今があり、次があると思っています。

よって、この会社にいる間は、1つ1つ出来ることを増やして、泥臭く少しでもPJに貢献しながら、「出世葵」はどうだか別として、将来羽ばたけるように修行を重ねていくのみだと思っています。

1年間お疲れ様でした。皆様も良い1年であったことを祈ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です