中小路家のコロナ時間。

お久しぶりです、シリーズ「中小路家は永久に不滅です」、今回は、コロナ疎開編。

いよいよ春満開、晴れて弟も社会人。1年で最もワクワクする季節と思いきや、、、コロナ。

リモートワークが続き、会いたい人にも会えない日々、孤独を極めた子どもたちは実家に帰ります。

家族4人が集うと活気が生まれ、無邪気さを取り戻し、小さいことで大笑いし、毎日美味しいものをたくさん食べ、全員、すっかり英気を取り戻したのでした。

コロナは、家族で乗り越えるんだ!!!

ということで、恒例の中小路家のよもやま話です。

特にためになる話をするつもりはないので、少し暗いご時世の中で、皆さまにクスっという笑いを提供できたら嬉しいです。
中小路家のファンの皆様、軽く読んで下さい。

キャラクターおさらい

父・佳史:変人だけどチャーミング。京都中小路家の3人兄弟まん中。家族で最保守。でも一番家族思い。

母・佳代子:顔は国生さゆり似、お育ちの良い箱入り娘に見えておてんば。すぐキレる。教養アリ。さくらJAPAN通訳。

姉・葵:日本語を話すイタリア人。怖いもの知らず負け知らずだが、見切り発車の自由人。行動はぶっ飛んでるが、話はロジカル。

弟・渉:ラクロス大学ラクロス部卒業、晴れて社会人。なんだか不器用で頼りないが、ハートは熱い。日本男児。あねき大好き。

1 姉弟キャッチボール、15年前と何も変わらない、変わったのは、、、

土曜日の朝10時すぎ、姉は「わっくん、起きて!!キャッチボールするよ!!!」と寝てる弟を起こした。

「なんだこの展開ww15年前と変わらないじゃないか」と笑いながら徒歩30秒の公園へ。

バットとボールで野球ごっこを始めたが、弟が暴投すれば姉が「へたくそ!取ってこい!」と自分は動かず、弟が良い当たりを打つと「ファール!!」と姉有利なジャッジ。15年前、10歳の時と何も変わらない。

ところが、1つだけ変わったもの、それは、、選手の名前。

全部イタリアンネームになっている!笑

15年前の「3番ライト高橋由伸」は「3番レフトヴィットーリオ」に。

弟はもはや言えていないが構わない。そんなことより一球入魂だ。

姉は大好きなイタリアに心地よさを感じ、通りの名前に思い出が蘇る。

あんなに小さかったのに、色んなものを見てきて、ここでこうして童心に帰って野球に夢中になっているのだから、狐につままれたような不思議な感覚だ。

春の空に響く。「ツーアウト2,3塁、5番ファースト、アレッサンドロ!!!!」

2 ”別荘”にて、たけのこをば。

説明の詳細は省くが、家から車で30分くらいの田んぼの中にセカンドハウスがある。

週末にピクニックをした時のこと。

なんと、庭にたけのこがはえている!!

パパ掘って〜〜と最初はみんなパパ任せだったのに、見ていたらやりたくなった。

こういう時にまっ先に鎌を持ってチャレンジするのが姉だ。

ここからは、動画を見たほうが面白い。

www

働かざるもの食うべからず?

いやいや、私が働くと、可食部が減る。笑

その晩、掘りたてのたけのこは、さっそく、イタリアのマンマ仕込のパスタの名人の姉の手によって、ポモドーロパスタになりました。

みんな、Buonissimeだったよね?→Siiiii!!!

3 平成生まれ令和育ちの明治人。Lineは「ツーツー」

先に帰るという弟。乗り換え案内アプリに湘南新宿ライン遅延とある。

姉は「わっくんが乗る時の遅延を電報で私に伝えるように」と言った、たしかに、電報送ってくれといった、

そしたら、、

これにはさすがに笑ったwww

「我、不動心を持ちて、あにあせらんや。武士の誇りを持ちて動じず」
は完全にこじらせているwww

ちなみに、私の返事の「桜は散れどもこれ悔やまず。前に進め。」
とは、何も奇襲や特攻を意識しているのではなく、前の夜に弟が「ビジネスは結果が全てだからうんぬん」とビビっていたのを、「いや、失敗しまくればよいのだ。バットを振り続けるのみだ」と言っていたのを受けている。

これに対する答えは、

「風吹かば吹け、波立たば立て」

であったw

どうにも、変わった姉弟である。

いわく、弟が吉田松陰ならば私が高杉晋作ということだ。

ふたりとも、いわゆるパッション先行型なのだが、私は「想いを形に」というのがきたる20代後半の目標だ。

一方の彼は、、、吉田松陰がホットペッパーの営業やったらどうなるのだ?w

疎開終了。お互い頑張ろう!

さて、こうして疎開生活はあっけなく幕を閉じました。

次に集まるのはいつだろうか。

気づけば、当たり前は、当たり前でなくなっている、そんな当たり前に気づくコロナ疎開でありました。

だけど、先が見えなくても、どんなに大変なことがあっても大丈夫。

明けない夜はないから。戻ってくる場所があるから。

笑って笑って、みんなで乗り越えていこう。

P.S. 「1番近いイタリア」よかったらぜひ応援ください!

https://piuvicinoaitalia.stores.jp/items/5e134ff56c7d631f17a8932d

こんな私は、雑誌「1番近いイタリア」を刊行しています。

ヴェネチアでの日々を独自の視点で語るエッセイ、テーマ食材アスパラを使ったイタリア家庭料理のレシピ集、生産者を取材したストーリー、タイムリーな話題など、内容をぎっしり詰めています。

未熟な令和の高杉晋作の、完全プロダクトアウトの作品なので、届けるべき人に届いていないのか売れ行きがまだまだなのですが、パッションを込めて、内容のあるものになりました。

そして、今号の分の売上は全て、コロナで大打撃を受けたイタリアの支援に回します。

今回はじめてお申し込み頂ける方には、私が信頼する生産者から直接買ってきた、本当に素晴らしいオリーブオイルをプレゼントしています!

イタリアの多様な姿、食の面白みを、ぜひいろんな方に読んで頂けたらと思うので、よろしかったら、応援頂けますと、本当に嬉しいです。

ご注文はこちらから。
https://piuvicinoaitalia.stores.jp/items/5e134ff56c7d631f17a8932d

お待ちしています♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です