美食の宝庫ピエモンテ料理のいろは☆特徴と名物

来週からピエモンテに行くので、料理の予習をば。

ちなみに、ピエモンテ州に行くのは、バルバレスコマラソンと白トリュフ祭りに参加するため!飲んで、食べて、走って、、、、恋をするか、また飲むか!笑
詳しくは、こちら。

フランスに近い山間に位置するピエモンテ州、荒川静香が金メダルをとったトリノがピエモンテの州都です。

ピエモンテの特徴は、一言で言うと、「重厚」

フランスに近く、サボイア家の王朝文化が栄えた影響もあり、バターやラードをたっぷり使った重めの料理が多く、ソースが複雑で繊細。
非常にフランスっぽいですね。(ちなみに、方言もフランス語に近いらしい。)

太陽の光を受けて育った新鮮な素材を、シンプルにオリーブオイルと塩で味わう、あのイタリアのイメージとはかなり外れた、これまた面白さがあります。

では早速、紹介に移ります。

Antipasto

華のアンティパスト。代表的なものを2つ。

Carne Cruda(カルネクルーダ)

carne cruda (3)
この前食べた時、写真を取らなかったので、こちらから取ってきました。
レシピもここから見れます。:
http://blog.giallozafferano.it/gelsolight/carne-cruda-alla-piemontese/

名前の通り、生のお肉です。肉は仔牛か牛。味付けは基本、レモンと塩コショウだけ。

Bagna Cauda(バーニャカウダ)

「bagna cauda」の画像検索結果
レシピと写真はここから:
https://ricette.giallozafferano.it/Bagna-caoda.html

にんにく、アンチョビ、オリーブオイルのソースに旬の野菜をつけて食べる、あのバーニャカウダはピエモンテ出身!

あとは、有名なVitello tonnatoもAntipastoで出たりもしますが、今回はSecondoで紹介します〜。

Primo

私がはPrimo好きなので、各地のPrimoに非常に興味があります。では、ピエモンテの代表選手は、、!

Tajarin(タヤリン)

小麦粉100gに対して、卵黄4つ!(普通は小麦粉100gに卵1つ)まっ黄黄なわけだ。。今の季節は、贅沢にTajarin al tartufoが最高です、特に今だけ出る白トリュフはアルバで必食!

Agnolotti(アニョロッティ)

「agnolotti piemontesi」の画像検索結果
写真とレシピはこちらから:
https://www.gustissimo.it/ricette/pasta-carne/agnolotti-piemontesi.htm

パスタ生地にローストしたお肉や野菜を詰めたパスタ。作ろうと思うと時間がかかるけど、私は詰め物系パスタが大好きなのだ。

あとは、バローロのリゾットや、ゴルゴンゾーラのリゾットもピエモンテらしさ満点の力強いPrimoですね。

Secondo

さて、Secondo。ピエモンテは基本、肉ですね。

Vitello Tonnato(ヴィテロトンナート)

真夏のPaviaにて。35度の中セコンドは厳しいって思った時によく冷えた白ワインとVitello Tonnatoが美味しかったこと。。!

仔牛を薄くスライスしたものに、ツナ缶ケッパーアンチョビゆで卵マヨネーズから作るソースをかけたお料理。

不思議ですよね、私は最初に聞いた時ええ?ってなりました。
海のないピエモンテでツナ?イタリア料理にマヨネーズ?そもそも肉料理のソースに魚要素?
ふむ、食べれば納得。よく合うのだ、とても。

ここで言いたい!やっぱピエモンテはフランスでは!

洗練されたソースの文化、ツナ缶が運ばれるだけの理由、これを可能にするのは王宮文化。Cucina Povera(庶民の食)のイタリア料理からすると、相当外れ値だと思います!これだからイタリア料理は面白い。

話が脱線、ピエモンテ料理の紹介に戻ります。

Brasato al Barolo

「brasato al barolo ricetta」の画像検索結果
写真とレシピはここ。
http://www.italiadiscovery.it/ricette/6090/brasato-al-barolo

牛肉の赤ワイン煮込み。といえば馴染み深い。なんとイタリア赤ワインの王様、バローロで煮込みます。美味しいわけがないいい。

Dolce

お腹いっぱい?ピエモンテ料理は重いですものね、、でもドルチェは別腹!

Bonet(ボネ)

「bonet ricetta」の画像検索結果
写真とレシピはここから:
https://www.agrodolce.it/2018/09/14/bonet-la-storia-del-dolce-piemontese/

簡単に言うと、アマレッティを使ったチョコプリン。ピエモンテはチョコレートが有名なので、ドルチェというとまずはこれ。

Panna Cotta

「panna cotta ricetta」の画像検索結果
写真とレシピはここから:
https://ricette.giallozafferano.it/Panna-cotta.html

名前通り、生クリーム(Panna)を温めた(Cotta)しただけのシンプルなドルチェ。山のピエモンテは乳製品が美味しいから納得。Bonetは綴りからしてフランスっぽいけど、パンナコッタはシンプルでイタリア料理っぽい。

Vini

ワインは、、気持ちがこもりすぎて書き出すと長すぎるので、淡々といきます。

Barolo

言わずもがな、王のワインであり、ワインの王。

Barbaresco

ワインの女王。バローロと並んで高級ワインの双璧、ともにデリケートなネッビオーロ100%。マラソンに行ってきます。笑

Barbera

バルベラという種は、テーブルワインにずっと使われてきたと聞いた事があるけれど、カジュアル。

ピエモンテは生産量と知名度的にもやっぱり赤なイメージ。料理も赤に合うものばかりですしね。

白だと、ロエロアルネイス、ドルチェットだとモスカート・ダスティとかは有名ですね。

Caffe

Caffeでどうしても紹介したいのは、Bicherin(ビチェリン)というチョコレートドリンク。

「bicerin storia」の画像検索結果
https://www.thegiornale.it/2019/01/28/bicerin-una-storia-piemontese/

チョコレートの街トリノで生まれた、エスプレッソとチョコと生クリームのカフェ。ふう!

Formaggi

ピエモンテのDOPチーズ。

  • Bra
  • Castelmagno
  • Gorgonzola
  • Murazzano
  • taleggio
  • toma
  • robiola di roccaverano
  • Ossolano
  • Raschera

50のイタリアDOPのうち、9つはピエモンテのものってすごい。

Salumi

ピエモンテのDOPサルーミ(ハム・サラミ類)。

  • Salamini Italiani alla Cacciatora
    以外に1つだけだった。(イタリア全部では20)

まとめ

ピエモンテは、、、

重厚、フランス、山、赤ワイン、あたりがキーワードですね!☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です