【マレーシア料理】多様性の宝庫が織りなす食とは

マレーシア料理ってどんなの?って色んな方に聞かれるので、せっかくなので、代表的なものを軽く紹介します!

※はじめに:マレーシアはざっくり6割マレー系、3割中華系、1割インド系の多民族国家です。

国民食「Nasi Lemak」

マレー系、中華系、インド系どの民族も食べる国民食。

ココナッツミルクとパンダンリーブで炊いたご飯に、サンバルという辛いソース(辛かったり甘かったり家庭の味が出る。我が家の味噌汁やAunt RitaのJamみたいなイメージ)とチキン(今回はシチューのようなRendang)と一緒に食べます。ちなみに、これは朝ごはん(重い、、、)。

私が食べた上の写真はかなり綺麗な感じですが、レストランだけでなくあらゆる通りで出現して、葉っぱに包まれたものを道端で皆さん手で食べています。

マレーシアといえば「Laksa」。とはいえ、、?

 

マレー系の代表料理、Laksa。
とはいえ、地域によって全く異なるので、Laksaと言っても何を指しているかわからないようです。

写真はSarawak出身のご家族に作って頂いたLaksa Sawarak。スープではなく、汁なし担々麺のような感じで、甘めのサンバルと辛い汁がたまらない。
ちなみに、我々が想像するLaksaは、KLスタイルでカレー風味でココナッツミルクのSoup noodleのよう。

インド料理を独自スタイルで。「Banana leaf」

海洋国家として古くから多民族が複雑に共存し合う宿命を持ったマレーシア。現在も人口の7%を占めるインド系民族によってもたらされ、独自の進化を遂げたインド料理はマレーシア料理を立派に形作っています。

Banana leafはそんなマレーシア周辺の独自のインド料理のスタイルで、バナナの葉っぱにご飯とカレー(全部食べたら30種類くらい?)がエンドレスで回ってきます。

他にも鉄板で小麦粉と油で焼くRotiは朝ご飯から夜の軽食まで地元の人のお腹を満たします。私は毎朝これを一番の楽しみにしてました。
ちなみに、日本人の口には、インドのインド料理よりもマレーシアのインド料理が合う、と聞きましたw

威風堂々、中華料理。「Bak Kut Teh(肉骨茶)」

やっぱり中華帝国の料理は世界に。と言いたい所ですが、マレーシアでは人口の30%が中華系で、最近の移民というよりも、長い歴史の中で古くから根付いているので相当現地化が進んでいます。

写真はBak Kut Teh(肉骨茶)。豚肉を骨ごと長時間煮込んで、たっぷりだしが出たスープに他の具材を入れて味付けしたもの。シンガポールなどでも名物で、これまたもともとは朝ごはん。

あれ、、、豚肉、、、??
そう、マレー系民族はムスリム(もちろん中華系もインド系もムスリムは沢山いますが。)ですので豚を食べませんが、中華系レストランでは豚が食べられたりします。

マレー系+中華系のミックスNyonya料理

中華系とのまじわりの歴史の深いマレーシア特有の料理文化が、Nyonya料理。
中華料理がスパイスなどの調合でマレーシア風にユニークな進化を遂げ、他にどこにも見られないNyonya料理となりました。

写真は、私の滞在中、ちょうどChinese New Yearで出会えたYee sangというマレーシア旧正月特別の前菜。願いごとをしながら箸で高く持ち上げます。
マレー系の方々もこうして中華系の旧正月を心おきなく祝う、こんな大らかな文化がマレーシアをマレーシアとしています。

 

海洋国家たる多様性。一言では説明できないけれど、その多様性の裏には長い歴史と文化が、静かに流れる川のように存在し続けているのですね。あっぱれ、マレーシア料理。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です