私にとっての2017年 ~月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人なり。~

あれよあれよという間に、大晦日になっていました。

私にとっての2017年はどのような年だったのか。

「日々旅にして、旅を栖(すみか)とす」

1月。出会いと別れ。2017年が始まりました。
2月。オーストラリア開拓。これにて5大陸制覇しました。
3月。悲願の二〇三高地。旅順港は丸見えでありました。
4月。大好きな人と会社設立。「天真爛漫」と名付けました。
5月。お誕生日はサハラ砂漠の真ん中で。ジブラルタル海峡を渡ってスペインへ。
6月。サングリアに酔い、ポルトガル西端で強風に飛ばされかけ、灼熱のアブダビで体が蒸発しかけました。
7月。1年で一番、涙の密度の高い1か月でした。雨降って地固まると信じたいです。
8月。The Beach Person。東南アジアに心酔・浸水しました。
9月。進路の決断。‘決断’である以上、正解にしたいと思います。
10月。Fintech行脚の旅。再び東南アジアに浸水しました。
11月。続・Fintech行脚の旅。社会の客観的な姿が見えてきました。
12月。鎌倉まで43キロ完走、冬の東北。狂気・寒気の沙汰でした。それでも雪は美しい。

色んな事をしたようで、色んな変化を経験したようで、まだ何にも成し遂げていない、という感覚があります。

‘経験’はたくさん積んだと思います。

世界20か国くらい行ったり、会社を設立したり、自分でメディアを立ち上げてみたり、就職活動で進路を決めたり。
そのたびに色んな発見があって、自分の中で変化があった気がします。

けれど、それがアウトプットとして形になっているのか?その経験がどう活きたんだ?という自問に対してぱっと答えられません。

「こんなことを学びました」「こう考えが変わりました」というのはたくさん言えるけど、まだそれって自分の中での完結なんですよね。薄っぺらいなあ。

だから、2017年は、自分の周りに対しても、自分の未来に対しても、インパクトの兆しがみられるような、そんな1年にしたいと思います。

とまあ、真面目な事を書きましたが、ご存知の通り、楽しくて楽しくて仕方がない1年でありました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です