THEビーチ三昧プーケット。「迷い」について考えてました。

プーケットでは、ひたすらビーチに入り浸ってました。

朝から晩までビーチベッドを借り切って、時たま海に入って体を冷やしては、戻って本を読んで、寝て、良い時間になったら、海の家的な所でランチを食べて。
最高ね。

でも、プーケット、海自体は、そこまでちょーきれいなわけではないです。色は良いんだけど、特に昼頃からはごみが多い。こういうの見ると一気にがっくりきちゃう。
それから、プーケットの人はすごく親切なわけではないですね、なぜか。私を中国人と思ってるのかしら。タイ人の例の屈託のない人の好さ、みたいなのはほとんど感じませんでした。

3時のおやつ♡ココナッツバナナクレープ的なやつ。太るわ、、、lol

丸々リラックスタイムを過ごし、日の入り後ホテルに帰って(徒歩3分)シャワーを浴びて、ディナーを食べに。2日目は、ナイトマーケットがあったので、そこで食べ歩きました。美味しかった~食べ過ぎたわw

熱い海、ほのかな甘みの冷たいココナッツシェイク。これ以上、何を望みましょう。

この丸2日間で考えてた事。「迷い」について

この2日間で考えてた事、だいぶ忘れちゃったんだけど、

「不毛な迷いは、本当に大事なものを失う」

ってことを思ってました。

ていうのも、私が次の予定「いつプーケットを出るか」とか「次はミャンマーに行こうかラオスに行こうかそれともマレーシアに行こうか」とか、選択肢を考えれば考えるほど、迷うんですよ。

例えば、飛行機乗るにしても、バンコクまでバスで行った方が良いかな、とか、2日後の方が2000円安いけど、それは値するのかな、とか。次ミャンマー行くつもりだったんだけど、出会ったヨーロピアンの友達が口を揃えて「ラオスが素晴らしい」っていうから、ラオスどうなのかなって思って調べたり、プーケットからだったらマレーシアのペナンがビーチがあって良いかもしれない、とか。

ある程度迷うのは良いんですけど、私は不毛な迷いが多すぎるんですよ。これ、ほんとうに私の課題

はっきり言って、必要以上に迷ってる時間って完全に時間の無駄じゃないですか。取らなかった方の選択肢なんて一生分からないし、正解が分からない(ない)ものに対して、ずっと選択肢をにらめっこして迷ってるの、めちゃくちゃ非生産的ですわ。しかも、迷えば迷うほど、機会損失に対して敏感になって、取らなかった方の選択肢が惜しくなるんです。たちが悪い。

だから、さっと決めて、今の時間を楽しんで、選んだ選択肢を最大限有効活用することに時間とエネルギーを使う方がよっぽど良いんです。

ま、例外はあると思います。2つ。

1つは、迷いが悩みを意味し、その時間が自分に新たな気付きをもたらしてくれる場合、もう1つは、迷いそのものを楽しんでる場合

前者の最たる例は、私にとっての就活ですね。後者は、例えば、レストランのメニューを選んでる時とか、お洋服のショッピングで色んな服を試着してる時とか。(これも一緒にいる相手にとっては「勘弁してよ」かんもしれませんねw)

このパターン以外は、迷いを減らす努力をしたいと思います。何度も、色んな経験から「チャンスは一瞬で逃げていく」と学んだので。

HOP
STEP
JUMP

 

さてさて、明日の早朝から、離島ピピ島に行きます~~

 

Tomorrow is another day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です