ダナンのおもひで2 茶目っ気あふれるベトナム女子会

2日目は、午前中ビーチでゆっくりして、読書して、寝て、というのを繰り返し。
寝てた時間の方が多いかな。
私普段本はあまり読まないんですけど、やっぱたまに読むと、すごくふむふむ、となりますね。

ナポレオン・ヒルの「成功哲学」読んでたんですけど、自分が数日前までインターンをしていた時の経験とか、最近考えている事とかと重ねられて、なるほどと思ってました。

・思考は現実化する(よって自分が求めるものをはっきりさせなければならない)
・最終的には何も問題ではない
・心の平静を常に大切にする

あたりですね。

お昼はバインセオを食べに行きました。誰もが知る有名店がダナンにあるのです。めっちゃくちゃ美味しくて、彼が全く食べられないため、私は2人前食べてしまった。

その後ふらふらして、ホテルに戻り、プールでのんびりこ。
プールに浸かって体を冷やしては、読書して、文字を読んでは寝て、という生活。笑

これ1人で全部食べたのw

茶目っ気たっぷりベトナム女子会

夜は、伊藤さんたちと彼の会社の同い年くらいの子たちとベトナム女子会☆

伊藤さんとは、私の以前の長期インターン先の社長コミュニティで知り合った、ダナンでオフショア進出している会社の代表さんです。この時、初めてダナンって場所を知りました。以来、「行きたいですー!」って言ってたんですけど、数か月後に本当に来てしまうとは。笑

わざわざ、ディナーまでセッティングして下さいました。
場所は、リバーサイドのWaterfront restaurant。日本にもこんなロケーションでこんな雰囲気の中々ないよってくらいおしゃれでした。

このディナーに伊藤さんの会社で働いているベトナム人の子たちを呼んで下さったのですが、彼女たちとの出会いがかけがえのないものでした。

彼女たちは同い年か1つ下なんだけど、本当に日本語が上手で、とてもスマートで良い子。それでいて、純情で茶目っ気たっぷり

ご飯を食べ終わった後、リバーサイドを歩いて、その会話があまりにも面白くて、大笑いしてました。たぶん周りからはビックリでしょうね。4人のうち3人はローカルなのに、なぜか日本語で喋ってて、しかも途方もなく笑ってる

いや、良く会話は覚えてないんだけど、なんだったか、
「タオちゃんは生きてから、ずっと独身です」っていうから
(※彼女たちは彼氏のいない事を‘独身’というようで、私も最初「え、私も独身だよ?」って言って、「え」って雰囲気になりましたw)

私が「タオちゃんはどんな人がタイプなのー?」って言ったら、
横から別のタオちゃんが(ベトナム人はタオって名前がめちゃくちゃ多いらしい。世界で8番目に多い名前とか)
「かっこよくてー、こわくてー、でも私にはやさしくてー、頭が良くてー、スポーツがうまくてー」
と言ってたら、ツッコミの上手なビクちゃんが、
「天国を鏡に映してるだけだよー」
みたいなこと言ってて、比喩が難しくて最初誰も分からなかったんだけど、
「死んでからじゃないと分からないでしょ~さわれないでしょ~」
って言われて、なるほどーってなりました。聡明さがちらりと見えて、素敵です。

この後、ココナッツデザート専門店みたいな所に連れて行って頂きました。
ココナッツ大好きだからすごくうれしかった~そして美味しかった><
let me payって何度も言ってるのに払わせてくれなくて、結局ご馳走になってしまいました。

またまた色んな話をしました。彼女たち、すごく純情なんだけど、大人びてますね。18歳の時から4年付き合ってる彼と今は遠距離だっていってて、でもこの子なら1言って10分かるような子だから遠距離もうまくいくんだろうなって思ったり。

本当に、素敵な出会いをありがとうございます!!

数か月前まで聞いたこともなかったダナンという町で、こんな素敵な彼女たちと大笑いする夜を過ごすなんて、誰が予想していたでしょう!

素敵すぎる出会いをもたらしてくれた伊藤さんと、私をダナンに来させてくれた運命に感謝です。
P.S.
彼女たちは、なんと最後ダナン空港まで見送りに来てくれたのです!TT
ココナッツチップがたっぷりつまった袋を2つ、それに沢山の小物までお土産に持たせてくれました。
こんなに良くしてもらって、もう涙が出そうでした。
それなのに「あおちゃん、タイも楽しんでね~」って言ってくれて、私はなんてラッキーなんでしょう、って思うばかりです。
また地球上のどこかで出会えるのを心から楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です