THE 珍道中!今でも笑っちゃう3人旅@マカオ【後編】

さて、マカオ2日目は、素晴らしい目覚めが迎えてくれました。
(前編はこちら

すっごいすっごい良い夢を見たのです!!!!! ああ、さすがシェラトン♡ 最高の朝です。

あんなに遅く寝たわりに、私たちは全員8時くらいには起きてました。私が寝起きに寝ぼけつつ、「良い夢見ちゃった~~~!」って呟きを大声で言っちゃったから、起こしちゃったのかな笑

 

猛暑の市内観光。すぐにお城にカムバックw

我々は、朝ごはんを食べ、のんびりした後、お昼頃お城から出て、ポルトガル領の名残や世界遺産が集まる市街地の方に向かう事にします。

が、もう、あっついいいいいい。

 

そういえば、ローカルバスに乗ってた時、隣に座った可愛い中国人の女の子と仲良くなって、彼女の片言の英語と私の片言の中国語で色々おしゃべりしました。
たった15分くらいだったんですけど、最後に満開の笑顔で「Nice to meet you」って6回くらい言われて、AとKは「ほんとすごいんだけど。天才的」って言ってましたw

この時には特に意識しませんでしたが、この後旅を続けるにつれ、私の今持っている一番の能力はこれだと思いました。詳細は別に譲りますが、どんな国籍の人とも、年齢とか性別とか職業を問わず、Nice to meet youって心惹かれて頂ける事、信頼関係を築ける事が、私の今一番の強みであり、これが私の人生を何百倍も豊かにしています。

 

さて、こうして着いたのですが、非常に暑すぎました。しかも、ものすごい人の数が狭い小道を通ってて、横からは客引きがひっきりなしに試食だのお土産だの持ってきて、食欲も完全に失い、私は早くも帰りたくなりました。

ようやくの思いで着いた凱旋門。

このふもとでジュース屋さんに寄ったのですが、このおかげで私たちはかなり回復!!!

このココナッツジュースが救ってくれた。
香港って日傘文化なのかしら

 

そして、山を登り、ついでの大砲のある山まで登っておきました。

 

はい、ここで、私たちは市内観光を終えました。

もう一刻も早くお城を目指しますw
タクシーが意外と安いので、山のふもとからタクシーに乗って、湾を越えてシェラトンに戻ります(根性ないなw)

 

暑すぎて私たちはプール入る気まんまんでした。

ところが、チェックアウトした後は、入れないらしいことが判明。1つ目で判明したので、もう1つのプールにはロッカーキーとかもらわず、ふら~っとタオルだけもらって入る作戦に切り替えます。

が、男ふたりはなぜか引っかかり、入れずwwwww カジノで時間潰していたとのこと。どんまい~~ww

 

香港ラストナイト

こうして、我々はマカオからフェリーに乗って香港に帰ってきました。

 

夜は、私が1日目の夜に目をつけていた川辣蟹のローカル風レストランに行きました。

蟹さん美味しかった~~。ガーリックスパイス味で。んで、どの料理もビールに合うんですよ!男たちは、青島だの燕京だののビールを4本開けてました。
(これがのちに悲劇を生みます。)

目が半開きのAくんは、蟹が食べられないTT
頑張りすぎて手と口がぎとぎとになりました。笑 でも美味しかった♡

 

大満足で店を出た後は、これまた私が目をつけていたじもってぃー(これは割とがちでローカル)なデザートのお店に。

私は、大好きな黒ごまの冷静スープみたいなのに、黒ごま団子が入ったのを食べられて大満足。

 

もう~~~~!!!って事件。

もう10時くらいだし、早く100万ドルの夜景のビクトリアピーク行かなきゃ~~って駅に向かいます。

そしたら、、、男の子だちが、「といれ」って言いだして。

もうここからがほんとにもう!!!って悲劇(喜劇)でした。

駅の中にはなくて、反対側のショッピングモールの中のトイレようやく見つけたら、すでに閉まってる。二人の焦りが増す。

「もうほんとに我慢できない」って言うから、駅に着いて切符買う所まで来たのに、もう一回長い階段を上って、道路を歩いて、マクドナルドへ。

もう~~~~~~~~男の子!!!!!

「蟹食べてた時から行きたかった」って言ってたけど、だったらレストランで行っといてよ~~TT まじでビール飲みすぎだから!!笑

しかも、(この旅中ずっとそうだけど、)私が色んな人に聞かなきゃいけないから、私が一生懸命「Do you know where is the nearest washroom?」だのカタコトの「手洗間在哪儿?」って聞いてて、「もう~~~がんばれ男の子!!TT」って感じでしたw

「いやほんとにごめん」って何回も謝ってたけどw

こうして二人はマックのトイレで何とか用を足し、「本当に申し訳ございませんでしたー」って一件落着。このギリギリの戦いは、私から見ると面白かったw

今回の旅のフィーチャーはこれだよ笑。

 

やっぱりHuman Relationsだと学んだビクトリアピーク

ビクトリアピークは素晴らしかったですね。

これもまた、着いたらもう閉まってて。私が、外で飲んでる地元の若いお兄さんたちに「鍵開けて~~」って言ったけど、もちろん彼らは鍵持っておらず。笑
でも、こっち行くと見えるよって言ってくれたので、行ってみました。

そしたら、途中で中国人の3人組の1人の女の子と、これまた仲良くなります。

彼女もロンドン大学で留学してて(私も短期留学してたのです)、展望台が閉まっていて失意のうちに諦めかけてた私たちを、一緒に本物の展望台に連れて行ってくれました。

暗い山を少し歩いて行って突如目の前に夜景が広がった時、涙が出そうになりました。夜景がってよりも、「やっぱり世の中Human Relationsなんだな」ってことに。香港来たのに、一番(唯一かも)の見どころを見れずして帰りそうになった所、人に救われたおかげで、無事見れたました。幸運であり、本質でもあるな、と。

夜景を見ながら色々話してて、さあ帰ろうってなったら、足がない、、、w

彼女たちも含めて、今の時間に来るような人は、みんな自分の車で来てたらしい。私たちは電話できないので、タクシーも呼べないわってなってたら、彼女がトロッコの終電もあるし、タクシーも呼んであげられるよって言ってくれて、タクシーで帰って参りました。

 

楽しかった~~~。

もう2時くらいでくたくたなのに、カジノの余韻が残ってたのか、私たちはベッドの上で、お手製ブラックジャックを繰り広げました
何がお手製かって、日本円、香港ドル、マカオドルのコインをかき集めて、賭けていたからですww

でも、私が眠くなってしまったので、何周かで終わりました。

 

究極の現地集合現地解散

次の日は、私のUBCの友達がみんな集合してくれて、飲茶ランチをする予定があったので、彼らは二人で冒険に出ました。

Kが1日目の飲茶を逃して以来、結局一度も香港来て飲茶を食べてない、との事で、二人は飲茶に行くと言っていました。

ところが、「どこ行ったの?」ってラインしたら、、、

「ここいるよー!」って鼎泰豊の写真が、、、泣

それ、台湾の小籠包だよwwwwww泣

こうして、Kくんは最後まで香港の飲茶は食べられなかったのです。でも、小籠包美味しかったから満足してて◎こういうの本当に大事よね◎

 

Kくんは午後便で家福岡へ、次の便で私はダナン(ベトナム)へ、Aくんは夜便で大阪へ戻りました。
はい、現地集合、現地解散です。笑 良いですね~。

 

これは、最後の一節。@LINE

K「そういえば青衣までメトロで行ってから乗り換えたら81ドルで行けたよ(文脈:安かったよ)」
私「だからそれ高いんだって=私バスで来たら21ドルだったよ」
K「やっすwww」
私「だって青衣まで10分で70ドルはぼったくり」
K「早く知りたかった、、、」
A「交通費たくさん払う男」
私「ww しかも半分無自覚
K「50ドルくらい大した差じゃないさ ハハッ」
私「まじで才能開花してよかった。踏んだり蹴ったりごめんね」

※1香港ドル=15円くらい

最後まで面白かったwww

 

究極の現地集合、現地解散。楽しかったよー!!

ハプニングだらけだったけど、今思い出しても笑っちゃうくらい、楽しい事ばっかりでした!!!本当にありがとう~~~!!

なんだかんだ、すごくバランスが良かったと思います。

私が、現場で言語とか旅の経験的なのとかコミュニケーション能力を生かしつつ、切り開いていって、KくんAくんは慎重で、るるぶとかネットとかで色々調べてくれて、私が結構無防備な分いろいろ補ってくれて。Kくんは徹底的に笑いをもたらして下さり(本来は彼こんなタイプではなかったのに!!!)、Aくんは冷静(彼はパスポートなくしても慌てふためていていなかった)で一番ちゃんと調べてくれて。

私のrandomな誘いに乗ってくれて(笑)、一緒に楽しい旅行が出来て本当に良かったです!!!

また行こうね~~~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です