1日目。まずは、ホットでエキサイティングな香港の夜

前日は、スーツケースをがらがらして会食をした後、羽田に泊まり、朝4:30に起きて6時の便で香港へ。

SIMカードがうんぬんとか言ってたら、割とちょうど良いご飯の時間になり、空港で海老ワンタン麺を食べました。
この海老ワンタンが、信じられないくらい美味しかった!!!!!
香港は、海老ワンタン、海老飲茶です。Just stick to them。

日中は、UBCの友達のJuliaに色々案内してもらってました。
九龍半島から見る香港島の夜景はさすがにきれいだった~

夜8時半くらいに一回ホステル戻ったら、さっきちらっと会った韓国人の女の子がDinnerに行く所だったので、「一緒に行く?」ってなって、一緒に行きました。
ここからが、劇的に楽しかった。。。。

なんかナイトマーケットがあるっていうので、そっちの方に歩き出しました。ホステルの人「15分くらい、近いよ」って言ってたくせに、それっぽい着いた頃には、まあどこでも良くなってて、適当にセミローカルな所に入りました。
でも、普通に美味しかった!!いや~たんまり食べた。
で、ここから、もう話が大盛り上がりしてしまったのです。なんかお互い似てて気が合う事が分かってきて、色んな点がExactly the sameで。

彼女、本当に外見は可愛い、いわゆる韓国人の女の子なんですけど、割とクレイジーだった。
高校3年間は、インドで過ごしたんだって。で、その理由が、「お父さんがそうしなさいって」。
お、おとうさん!?!?こんな可愛い娘、高校生なのに1人インドにやっちゃったの!?
なかなかすごい事だと思います。特に、韓国って(まあ中国も日本もですけど)、親がとことん子供の世話をして、離さないじゃないですか。だから、相当レアなケースだと思います。

今、彼女は26歳で、釜山の300人くらいの商社に勤めてるとの事。でも、職場はほとんど男ばっかで、彼女のチームも、彼女しか女性がいないような会社らしいです。

そんな彼女と、まあ恋バナになるじゃないですか。
そしたら、まあ志向性が似てて。箸が転がっても、大笑いしてました。
彼女は、今彼氏がいるのだけど、まあどうもあんまり好きじゃないみたいです。
で、一人香港に弾丸で来たんだけど、それも彼氏には言っておらず、
‘I’m in Hong Kong~’って、今言ったらしいですwww
彼氏(この彼は彼女の事好きみたいです)は当然、「は!?!?」ってなって、
彼女が写真送って、ようやく信じたとの事。
つい先週「夏の休暇どーするの?」って聞かれて、「No plan」と答えてたらしく、彼氏ちょっと可哀そう~TT

だけど、彼は会社の上司なのです。でも、誰一人知らないんだって。
で、チームでご飯行ってる時に、「シミン彼氏できた?」ってボスに聞かれて、斜め向かいに彼氏いて、どーしよってなりつつ「全然」って答えたりしてるらしい。
彼女の「He’s there」って言ってる顔が面白くて忘れられないww
彼女が「そういえばこないだ日本行ったよ」って言ってて、「え、どこにー?」って聞いたら、
‘I went to Fukuoka with my boy friend’ってきて、二人で ’FOR BUSINESS’ ってはもっちゃった時には、大爆笑。

そんな彼女は、割と会社のカルチャーに合わないらしく(まあ高校時代をインドで過ごしたリベラルな彼女と軍隊みたいで男社会の会社、合わなそうだよね)、割と苦しそうでした。
なんか、自分が変わってっちゃうって言ってて。自分が楽になる為に、自分を殺して小さくおさめてるっていうのを聞いて、すごくそういう気持ちわかるから、もらい泣きしかけました。
「夢は何なの?」って聞いたら、夢と言えるか分からないけど、「弟とビジネスがしたい」って。彼女にも2つ下の弟がいて(その弟は私の2つ下の弟と似てた)、弟とビジネスしようかって話してるらしいです。「めっちゃ良いねー!!!!」って言ってました。

そんなこんなで、店を出て歩いてると、なんかこれぞって所に出てきました。
「川辣蟹」と書かれた屋台系レストランがずらりと並び、「Why did we eat there?」を連呼してました。
致し方なく、私たちはデザートを食べに行きました(笑)。
まーた、こっから喋りに喋り、夜の街に消えていきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です